住民票 移動 手続き

住民票は転居届 転出届

住民票は2種類

@転居届…住所変更の届け出書類。市内の住民票の移動

A転出届…住所変更の届け出書類。市外・県外への住民票の移動


>>転出届はこちら

転居届 必要なもの 3点

転居届 必要なものは3点

@印鑑(認め印でもOK)

A身分証明書(免許証・健康保険証など)

B引越し先の住所

委任状を書く場合はこんな感じ

<例>住民票の異動に関する手続きを下記の者に依頼します

依頼人   名前        印

代理人   名前        印

        平成24年10月21日

 これはあくまで例なので、日付に関しては書いてもらったその日に変更すること

>>転勤 準備 手続きと必要なもののページへ

転居届 手続きの流れ 2点

郵便局への転居届 … 郵便局で転居届け用紙をもらい、書いてポスト投函。

役場への転居届 … 市区町村の役場(市役所など)でもらい引越しから14日以内に提出。


<手続きの流れ>

@郵便局「転居届」提出(提出してから約7日間で転送される)

A引越し日〜引越し14日目 役場「転居届」提出

手続きが間にあわない場合は、各市町村役場へ問い合わせましょう


<引っ越し業者さがし+節約術>
 引っ越し業者もまだなら、今のうちに見つけておきましょう。
引越し業者の 見積もりは、一括で取ると引っ越し費用最大50%OFFになり節約できます。
引越し業者と価格競争させるとこれだけ安くなるので、活用するといいでしょう

>>ホームズ 引越し 一括見積もりページへ




>>高校生 転出届 入寮【Q&A】もみる

単身赴任 住民票の移動は

単身赴任で転勤の場合、法律的には住民票の移動は必要になってますが。

住民票を実際に移していない人が多く、役所では「できれば住民票を移しておいてほしい」という形を取っているようです。

なので、忙しい人は住民票の移動を後回しにしてもいいでしょう。

>>住民票 移動 手続き【Q&A】

学生 出張のときの住民票の移動は

大学に入ったり仕事で出張したりする場合、住民票 移動の届出はしなくていいようです。
そもそも、季節ごとに実家に帰っているなど生活の拠点が実家にある場合、住民票 移動の届出は必須にはなってません。

生活に支障がなければ、住民票 移動の届出はしなくていいかもしれません。
ただ、図書館などの住民サービスの利用が実家のほうになってしまったり不都合になる場合も出てくるので
そのときは届出をしたほうがいいでしょう。

>>大学生 住民票の移動【Q&A】

住民票 移動の手続き 代理人の範囲

住民票 移動の手続き 代理が可能な範囲は世帯主及び世帯全員です。

同居している親兄弟、子供などがそれで、友人・寮の同居人は基本含まれません。



<引っ越し前にやっておく手続き>
 引っ越し前にはまだまだやっておかないといけない手続きがあります。 なるべく早いうちに片付けておきましょう。
>>引越し前のインターネット回線の手配はこちら


>>転勤 引越 費用 よくある事例のページへ進む
>>小学校の転校手続きのページへ戻る

引越し 大型家具はどうしたらいい?メニュー